Netflix

不可殺【13話】あらすじネタバレ感想|偉大な巫女の血を持つヘソク

ネットフリックスで配信中の韓国ドラマ【不可殺ー永遠を生きる者ー】13話

にわのき
にわのき
  • 13話のあらすじ・ネタバレをまとめています。
  • わかりやすくするために登場人物もまとめています。
  • 最後にドラマの感想も書いています。

不可殺【13話】あらすじネタバレ簡単に

さらっとネタバレを知りたい方はこちらをクリックしてください⇩

ネタバレ簡単に

サンウンは断片的に思い出すファルの姿に混乱しファルを避け始めた。そんな時、ウルテの指示で警察が動いた。ファルとサンウンを逃がしたシホ・ドユン・へソクは警察に連行されウルテの元へ連れていかれる。予言を始めたヘソクはウルテに殺害され、駆け付けたホヨルも重傷を負う。ファルが駆け付けた時は、シホとドユンはウルテにつれさられた後だった。家族を傷つけられたファルは怒り警官の前でプルガサルの正体を現した。

不可殺【13話】あらすじネタバレ詳しく

肩の傷にふれた時、サンウンの記憶がよみがえった。

ファルはプルガサルの姿で大勢の遺体の前に立ち、残忍そうに笑っていた。

しかし、ファルの記憶とサンウンの記憶は違っていた。

ファルが子供の頃見た夢では、大勢の遺体の前に立っていたのはサンウンだった。

ファルとサンウンが混乱していると、シホ・ドユン・へソク・ホヨルが戻って来た。

ウルテから大切な家族を奪うと脅されたファルは、皆を先導して戻って来たヘソクを叱責した。

 

ファルは、ウルテがシホたちの命も狙うようになったことをホヨルに話す。

みんなを守るために動けないファルに代わって、ホヨルがウルテを探すことになった。

 

そのころウルテは、自身が所有する造園に来ていた。

黒い穴の痛みで体中が引き裂かれそうな苦痛に苦しんでいるウルテ。

ウルテは造園で働くミンスに助けを求め、サンウンを渡す代わりに協力するように頼んだ。

 

ファルとサンウンは記憶について話していた。

それぞれの記憶が違うために、自分が見た記憶を疑うサンウン。

呪いの証である右手の傷を見せたファルは、サンウンの記憶は正しいと言う。

そして記憶を取り戻したサンウンは、ファヨンたちと同じくファルを憎むだろうと言った。

 

記憶を取り戻しつつあるサンウンをシホは心配する。

「記憶を読むな」と幼いヘソクから警告されたシホは、サンウンが記憶を取り戻すことを不安に思い、記憶を取り戻しても話さない方がいいと言った。

 

サンウンはファルから傷の手当てを受けていた。

傷を押さえたファルとサンウンの手が重なると、サンウンは再び昔の光景を見る。

 

自分と同じ姿の女はファルと一緒に洞窟におり、ファルに微笑みかけていた。

女は身寄りのない子供と乳児の面倒を見ていた。

場面が変わり、ファルが女に言う。

「お前が去りそうで怖かった」

 

サンウンは、さらに思い出す。

人を切るファルの姿。

「お前が憎い」と女に言うファル。

そして剣が刺さり膝をついているファルの前に、人間であったウルテが現れファルを連れて行った。

 

我に返ったサンウンと、サンウンの様子に驚くファル。

サンウンは、見た記憶を話さなかった。

 

サンウンは、ファルがウルテに言われたこと(1000年前ファルがウルテにプルガサルにしてくれと頼んだこと)を尋ねるが、ファルも話さなかった。

 

ウルテを探してホヨルは、ウルテの所有するトンブ山のビビ造園にたどり着いた。

ホヨルは造園で働く男(ミンス)にウルテの居場所を聞くが、ウルテはいないと言われる。

ホヨルがハム刑事に電話をしてミンスの身元の照会を頼んでいると、ミンスから車をどかすように言われ、ホヨルは仕方なくその場を去った。

 

ホヨルと電話をしていたハム刑事は、その日同僚のソ刑事に呼び出されて朝早くから出勤していたのだった。

ソ刑事に連れ出されたハム刑事は、別の刑事と話す市長を見かける。

 

サンウンは記憶を見て以来、不安を感じていた。

ファルに魂を奪うように頼むサンウン。

ファルは、人を殺した自分を見たサンウンが、プルガサルである自分に殺される不安を感じているのだろうと言った。

ファルは罪のない人を殺したことはないと言い、ウルテを殺したら自分も消えると言った。

 

ファルの家に、警察の車がやって来た。

ソ刑事はウルテから指示された市長によって動かされており、ハム刑事は何も知らされずに連れてこられた。

へソクは1人暮らしを装ったが、ソ刑事たちはファルとサンウンが連続殺人の容疑者だと言って、家の中に押し入った。

そしてファルたちがいないと分かると、重要参考人としてシホ・ドユン・へソクを連れて行った。

ハム刑事はこの強引な捜査にただただ驚いていた。

 

ウルテの指示でシホたちを拉致するように指示した市長はウルテに報告していた。

出世のためにウルテに従いいろんな事件をもみ消した市長だが、ウルテを怒らし首を噛み付かれてしまった。

 

ファルとサンウンは、シホたちに電話するがつながらない。

ホヨルと連絡のついたファルは、ハム刑事の居場所を聞く。

シホたちを乗せた車は、警察ではなくビビ造園に来ていた。

シホたちの携帯が鳴り続ける車の中で、ハム刑事は動揺していた。

ホユルから着信があり居場所を聞かれたハム刑事だが、ミンスから車を移動するように言われ電話を切ってしまう。

しかしホヨルは、ハム刑事の電話越しに聞こえた声がミンスだと気づき、ビビ造園へ向かった。

 

そのころ、シホとドユンとへソクは小屋に入れられていた。

小屋を見張るソ刑事たちの前にウルテが現れる。

ハム刑事は、ウルテに挨拶をするソ刑事たちを見て不審に思った。

 

シホたちが監禁されている小屋に、ウルテとミンスが現れた。

ウルテはシホを殺せばサンウンが現れるとミンスをそそのかす。

シホを襲うミンスの力になすすべがないドユンは、ウルテにやめるように懇願する。

シホを助けようとして、ミンスから投げ飛ばされたへソクはウルテに予言した。

 

「黒い穴から悪鬼が来る。父親の血を吸って育った悪鬼が黒い穴から飛びだしてくる。悪鬼が黒い穴を開いた。そして今度はそれを閉じに来る。魂は必ず持ち主のところへ返る」

 

予言を聞いたウルテはカッとなり、へソクを黙らせるために噛みついた。

 

ビビ造園に着いたホヨルは、ファルに連絡をした。

じっとしているように言われたホヨルだが、ハム刑事の姿と小屋から出て血を吐いているウルテを見て慌てる。

 

ソ刑事たちはウルテを見送るために小屋を離れた。

 

ホヨルが小屋へ入ると、息絶えたへソクを抱いて泣いているシホとドユンがいた。

ホヨルが3人を抱きしめていると、ミンスが現れた。

 

ウルテを見送っていたソ刑事たち。

造園へ向かって車を走らせるファルを見て追いかける。

 

ファルとサンウンが小屋に着いたときは、シホとドユンが連れ去られた後だった。

ファルとサンウンが息絶えたへソクと大けがをしたホヨルの姿に驚いていると、ソ刑事たちが小屋に入って来た。

刑事たちはファルをつかまえようとするが、怒ったファルに倒される。

怒りで暴走し刑事を暴行するファルを止めようと、ホヨルとサンウンが叫ぶ。

ファルはハム刑事を捕まえ、折れた木の柄を突き刺そうとした。

その時、ファルを人殺しにさせたくないサンウンが、間に入って柄を右手で受けた。

不可殺『14話』はこちらです

不可殺ー永遠を生きる者ー ネタバレ
不可殺【14話】あらすじネタバレ感想|ファルの孤独がつらすぎる韓国ドラマ『不可殺ー永遠を生きる者ー』14話のあらすじ・ネタバレをまとめています。わかりやすくするために登場人物もまとめています。ドラマの感想も書いています。...

不可殺【13話】登場人物

不可殺13話引用:ネットフリックス

登場人物
タン・ファル前世の因縁でプルガサルに追われていた。プルガサルに魂を奪われプルガサルとなる。ウルテを消すにはファルも死ななければならない。
謎の女/ミン・サンウンファルの魂を奪い人間になったことで、ファルが退治した鬼物の恨みまで背負い、ファルからも鬼物からも追われている。転生を繰り返し双子で生まれたミン姉妹。妹だけが生き残り、姉の意思をついでいる。
タン・ソル/ミン・シホファルの夫でタン将軍の娘。人の過去が見える不思議な力があった。現世では、サンウンの妹として生まれ変わっている。
タン・グク将軍/クォン・ホヨルファルを引き取り息子のように育てた。ファルを庇い兵士に殺される。現世では元刑事。昔父と妹をプルガサルに殺されている。
ナム・ドユン孤児。生まれつき両目が見えなかったがウルテに援助され、手術を受けた。アチャンの生まれ変わり。
オク・ウルテ鬼物退治の時に生き残った唯一の鬼物で、ファルよりも前から存在していたプルガサル。
へソク600年前の村の巫女。ファルに子供の頃助けられて以来、ファルに協力してる。
ミンスウルテの所有する造園のスタッフ。遺体を木の下に埋めて、木を育てている。

 

感想:偉大な巫女の血を持つヘソク

傷を負うごとに過去を思い出すサンウン

プルガサルに呪われた証であるファルの右手の傷とサンウンの肩の傷。

13話で、2人は同じ傷を共有しました。

  1. 1000年前:ファルの前世の男は、サンウンの前世の女から右手を刺される
  2. 600年前:ファルは、右手の傷を持って転生
  3. ファルは女の肩を刺す
  4. 女は記憶と肩に傷を持って転生
  5. 肩に傷がなく記憶のないサンウンが生まれる
  6. サンウンが鬼にを刺される
  7. サンウンがファルをハサミで左肩を刺す
  8. ファルを止めようとして、サンウンの右手に傷ができる

2人が傷を共有することで、何か発動しそうです!

偉大な巫女の血を持つヘソク

まさかへソクが死んでしまう?とは!

へソクの血はウルテの身体は受け付けないのでしょうか。

鬼の血も平気で飲んでいたウルテですが、へソクの血を吸った後は吐いていました。

村の巫女は相当な力のある巫女だったのですね。

転生を繰り返しても予言をするために現れ、プルガサルにも汚されない巫女の血。

偉大です!

ファルにとっては村の巫女の生まれ変わりのへソクですが、へソクにとってはファルは大切な家族。

そんなファルから家族扱いされず傷ついたまま死んでしまったへソクが気の毒でしたが、ファルもへソクを家族と思った瞬間があったのではないでしょうか。

倒れていたへソクの姿を見たファルの表情をみると、へソクに何の感情もないわけではなさそうです。

ファルはまだへソクを失った悲しみに気づいていないのかもしれません。

 

【不可殺】全話ネタバレ・キャストまとめ

【不可殺】全16話:ネタバレまとめはこちらです

不可殺 全話ネタバレまとめ
【不可殺ー永遠を生きる者ー】全16話あらすじネタバレ感想まとめ韓国ドラマ【不可殺】のあらすじ・時系列・各話毎のネタバレ・登場人物の紹介・感想をまとめています...

【不可殺】キャスト・鬼物が生まれ変わったその後はこちらです

不可殺・キャスト
【不可殺】キャスト・鬼物が生まれ変わったその後も紹介韓国ドラマ【不可殺ー永遠を生きる者ー】のキャスト・鬼物・鬼物が生まれ変わったその後について紹介してします...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。