Netflix

Netflix返校【6話】ネタバレ感想!ついにルイシンの精神世界へ!

この記事はNetflix(ネットフリックス)で放送中の台湾ドラマ返校シーズン1・第6話「長い居残り」のネタバレ登場人物についてまとめています。

ネタバレを多く含んでいるので、ネタバレしたくない方はご注意下さい。

にわのき
にわのき
第6話はユンシアンがルイシンの生きた30年前を体験するお話です

シーズン1第6話のネタバレ内容をまとめるとこちらです。

5話までのお話

  • シェン先生のことに傷つき、父親も怒らせてしまったユンシアンは、ウェンリアンが待つバス停に行きましたが、ウェンリアンは現れず、家に帰ったユンシアンはお風呂場で手首を切ります。

6話ネタバレ

  • ウェンリアンはシェン先生を殴ったことで拘留
  • ユンシアンはルイシンの30年前の世界へ
  • ルイシンはユンシアンの身体を借りて30年前の復讐へ

それでは内容について詳しくご紹介していきます。

Netflix返校【6話】ネタバレ

にわのき
にわのき
ユンシアンの事でシェン先生を殴り、拘留されていたウェンリアンは待ち合わせ時間に間に合いませんでした。その後お風呂場で手首を切ったユンシアンとルイシンは入れ替わり、ユンシアンはルイシンの過去へ行き、ユンシアンの身体を借りたルイシンは目的の為に学校へ行きます。

間に合わなかった理由

調査会の結果が校内に表示され、シェン先生は無実だと全校生徒に知れ渡りました。

シェン先生が理解ある教師のふりをしてユンシアンを辱める言動をしているのを聞いたウェンリアンは、シェン先生を殴ってしまいます。

警察沙汰になってしまいましたが、除霊を行っている城隍廟は敵に回せないという事で処罰は見送られます。

この事で夜遅くまで拘留されていたウェンリアンは、ユンシアンが待つバス停に自転車を飛ばして行きましたが、ユンシアンと待ち合わせをしていた時間に間に合う事ができませんでした。

そして次の朝、祭壇においてあったはずの首飾りが無くなっていることに気づきます。

ルイシンとしてルイシンの精神世界へ

30年前

お風呂場で自殺を図ったはずユンシアンは、気が付くと30年前のルイシンの精神世界に来ていました。

ユンシアンは、ルイシンの身体を通してルイシンがたどった道を再現します。

突然のことで頭が追いついていかないユンシアンは、自分がルイシンではないと思った時点でリセットされ、記憶の旅は初めに戻ります。

こうして強制的にルイシンとして存在しているうちに本当の自分が誰なのかわからなくなり、ルイシンとして過ごすことに違和感を感じなくなっていきます。

ルイシンの記憶

ルイシンの記憶をたどるうちに、後輩のウェイ・ジョンティンがルイシンに好意を抱いている事、ルイシンの詩が評価されている事、ルイシンの両親は喧嘩が絶えない事がわかります。

 

ある日、ルイシンの母親は字が読めない為、ルイシン(ユンシアン)に読んで欲しいと夫の書いたメモを見せます。

メモには「7時にあの場所で早く会いたい」と書いてありましたが、とっさに仕事のメモだと嘘をつきました。

次の日、ルイシン(ユンシアン)と母親は、城隍廟にお参りに行った帰りに、道の掲示板を見ます。

母親は、この掲示板の文字『スパイを摘発せよ。責任はみんなにあり。』を見て、これを読みあげます。

ルイシン(ユンシアン)母親は字が読めないのでは?と思った瞬間「抗うだけ無駄。何度やっても同じ。」と頭の中に声が響き、次の瞬間、ルイシン(ユンシアン)の疑問が消え、母親と交番に向かいます。

その夜、一家が食事をしていると父親がスパイ容疑で連行されてしまいました。

代弁

現代

お風呂場で自殺を図り意識を失ったユンシアンの身体に乗り移ったルイシン。

部屋に入ってきて母親にこう言います。

「あなたたちがユンシアンを追い詰めた。あなたにとって娘は道具。心から愛していた?」

娘の姿だが娘ではないと気づき、ユンシアンの母親は過去を振り返り反省します。

ジョンティン

一方祭壇においてあったはずの首飾りが無くなっていることに気づいたウェンリアンは、ユンシアンの元へ向かいますが、ユンシアンの姿はありません。

家で「ユンシアンがいない」と泣きじゃくっていたユンシアンの母親を城隍廟に連れていきます。

「妙な事件はファン・ルイシンのせいであり、彼女は今ユンシアンにとりついているから助けなくては」と言い走り出そうとするウェンリアンに、父親は反対し当時の話をします。

ウェンリアンの父親の話では、当時学校から何人も教師と生徒が連行され大半が死亡し、連行された教師はルイシンと恋愛関係だったがその後彼女も死亡。

叔父のウェイ・ジョンティンもその時捕まったと言います。

自殺した霊の怨念は深くて危険だから関わるな、という父親を振り切り叔父ジョンティンの所へ訪ねていきます。

ジョンティンは、いつも聞いているラジオを抱きしめて座り込んでいました。

「ルイシンが成仏できないのは復讐したいのかもしれない」というジョンティンに一緒に学校へ行くように頼みますが、ジョンティンは怯えてしまって動けない為ウェンリアンはあきらめて独りで向かうのでした。

チャン先生との出会い

30年前

連行された後、自宅に戻ってきたルイシンの父親は怯え切って食事もできないほどに様子が変わっていました。

夫の様子に驚くルイシンの母親ですが、これでみんなで食事ができると言い、無事に帰ってきてくれただけで十分と安心した様子です。

ある日、成績が落ちているルイシンの事を心配した担任のイン先生の紹介で、チャン・ミンフイ先生を訪ねます。

チャン先生は本好きのルイシンに本を与え、ここでは自由にしていいと言い「ペンは武器になる」と、詩を書く事が好きなルイシンを励まします。

こうして毎週土曜日に指導日としてチャン先生の元へ行き、ルイシンはチャン先生と親しくなっていきます。

現代

創立記念日、ユンシアンの身体を乗っ取ったルイシンは30年前の復讐を遂げる為に学校へ向かいます。

返校7話
Netflix返校【7話】ネタバレ感想!ルイシンが選んだ悲しい決断!この記事はNetflix(ネットフリックス)で放送中の台湾ドラマ返校シーズン1・第7話「終わりのない再生」のネタバレ・登場人物についてま...

Netflix返校【6話】登場人物

返校6話

画像引用元:ネットフリックス

登場人物キャスト役柄
リウ・ユンシアンリー・リンウェイ(李玲葦)2年忠組の転校生で年齢は1つ上。事情があって薬が手放せない。
ファン・ルイシンハン・ニン(韓寧)涵翠桜にいる幽霊。30年前に亡くなったが理由があって成仏できずにいる。
チョン・ウェンリアンホアン・コアンチー(黄冠智)2年忠組の「幽霊」だが、除霊を行う城隍廟の息子。この街を出たがっており、ユンシアンに好意的。
ウェイ・ジョンティンウー・クンダー(吳昆達)ウェンリアンの叔父であり、30年前の事件の関係者。
シェン・ジン校長ルオ・グアンシー(羅光旭)翠華高校の校長であり、30年前の事件の関係者。
シェン・ホワジャック・ヤオ(姚淳耀)シェン・ジン校長の息子。藍衣詩社(詩を作る会)の顧問。
バイ・グオフォン教官デヴィッド・チャオ(趙正平)教員ではないが、翠華高校を保守的な軍隊のような場所に作り上げている。30年前の事件の関係者。
スー・ジエユー級長ツァイ・ルイシュエ(蔡瑞雪)優秀な2年忠組をまとめる級長。
チャン・ミンフイ教諭シア・トンハン(夏騰宏)30年前の翠華高校の教諭。読書会のメンバー
イン・ツイハン教諭セレナ・ファン(房思瑜)30年前の翠華高校の教諭。読書会のメンバー

Netflix返校【6話】感想

ルイシンとして進んでいかないと強制的にスタート地点に戻ってしまうのですね。

過去の世界を再体験させるだけで、歴史を変えられないのならルイシンになりきらなくてもいいと思うのですが、このあたりはなぜでしょう。

ルイシンになりきることでルイシンの気持ちを理解することが目的なのでしょうか。

それにしても、ルイシンはユンシアンとって救世主のような存在です。

  • 最初の取引をなかった事にしてくれる
  • 詩を教えてくれる
  • バイ教官に折檻されていた時も助ける気満々
  • 母親の目を覚まさせてくれる
にわのき
にわのき
ルイシン、優しい!

 

そして今回もウェンリアンくんのまっすぐで一生懸命さが、学園ドラマをみているようでした。

せっかくなので城隍廟の息子として幽霊と対峙するシーンも観たいなと思いました。

Netflix返校ネタバレ感想まとめ

返校【1話】ネタバレ感想|幽霊
返校【2話】ネタバレ感想|私は誰?
返校【3話】ネタバレ感想|あなたは私(私はあなた)
返校【4話】ネタバレ感想|偽りは真実に 真実は偽りに
返校【5話】ネタバレ感想|繰り返される歴史
返校【6話】ネタバレ感想|長い居残り
返校【7話】ネタバレ感想|終わりのない再生
返校【8話】ネタバレ感想|自由の雨

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です