Netflix 映画

Netflix【THE GUILTY/ギルティ】ネタバレ感想!蛇は何かを考察してみた

この記事ではネットフリックスで配信中の映画『THE GUILTY/ギルティ』のあらすじ・ネタバレ・感想を書いています。

2021年9月24日からネットフリックスで配信されている『THE GUILTY/ギルティ』は、2018年デンマークの映画「THE GUILTY」がリメイクされた映画です。

  • 第34回サンダンス映画祭観客賞
  • 第91回アカデミー賞®外国語映画賞 デンマーク代表

などなどたくさんの賞を受賞しています。

ネタバレなど多く含んでいますのでネタバレしたくない方はご注意下さい。

  • タイトル:THE GUILTY/ギルティ
  • 公開:2021年
  • 製作国:アメリカ
  • 上映時間:1時間31分
  • 監督:アントワーン・フークア
  • キャスト:ジェイク・ギレンホール、イーサン・ホーク、ライリー・キーオ
  • ジャンル:サスペンス映画
  • おススメ度:
THE GUILTY 無料視聴
デンマーク映画【THE GUILTY/ギルティ】無料で安全に視聴できる動画配信サイトはどこ?2018年デンマークの映画「THE GUILTY/ギルティ」はU-NEXT、Amazonで安全に無料で視聴できます。 電話から聞こ...

『THE GUILTY/ギルティ』あらすじ

ギルティある事情があって、緊急指令室のオペレーターとして勤務するジョー・ベイラーの元にかかってきた1本の電話から、不穏な空気を感じ取る。

女性の電話の様子から誘拐されたと思ったジョーは、オペレーターの域を超えて女性の救出に動き出すのだが…

『THE GUILTY/ギルティ』ネタバレ

以下ネタバレです!

ある事情があり、一時的に緊急指令室に身を置いている刑事ジョー・ベイラー。

ひっきりなしにかかってくる緊急性のない電話の応対や、ある事情の取材の為のロサンゼルスタイムズの記者からかかってくる電話にいら立ちを隠せない。

そんな時にとった1本の電話に不穏な空気を感じる。

 

電話の女性の名は電話番号からエミリー・ライトンと判明。

一方的に子供に語り掛けてくるような女性の電話に切ろうとすると、電話の奥で男の声が聞こえた。

とっさに機転を利かせたジョーは、エミリーに質問し『はい』『いいえ』で答えさせ誘拐された事を知る。

通話をそのままにするように伝えるが、電話の相手が子供ではないと男に気づかれそうになったエミリーは電話を切ってしまった。

 

ジョーはハイウェイパトロールに連絡し、エミリーが連れ去られたという白いバンを停めるように要請するが、情報が少なすぎる事とロス近郊で起こっている山火事の煙のせいで車の色が判別できないため、車のナンバーを特定するように言われる。

 

ジョーがPCの画面に表示されていたエミリーの緊急連絡先に電話すると、エミリーの子供アビーが出た。

アビーは6歳で乳児の弟オリバーと留守番をしていると言って、母親を恋しがって泣いていた。

アビーから「オリバーがナイフを見て泣いた。パパがママを怒鳴ってママも泣いた。」と聞いたジョーは、アビーに『ジョー・911』と連絡先を伝え電話を切る。

 

アビーから聞いたヘンリーの電話番号から車種を特定したジョーは、ハイウェイパトロールに連絡しナンバーを伝える。

エイミーはナイフを持った夫ヘンリーに誘拐されたと言い、アビーとヘンリーの家に警官を送るように要請するが山火事の対応に追われてジョーの思うように動いてくれない。

 

ジョーは別室に行き、ロス市警の元上司に様子を見てくるように電話で頼む。

令状もないのにドアを蹴破れと命令口調でいうジョーに、上司は子供の方は警官を向かわせるが夫の方は捜査令状がないためできないという。

オペレーターの域を超えて行動するジョーに上司は心配し、明日の裁判に向けておとなしくしているように言うのだった。

 

ジョーは数か月前に起こしたある事件で心理カウンセリングを受けていた。

その事件の裁判が明日行われ、現場に一緒にいた同僚のリッキーがジョーに有利な証言をすることで、再び現場に復帰できることになっていた。

 

気持ちが空回りして落ち着かないジョーは、夜中の2時にもかかわらず別居中の妻に電話をし、娘のペイジと話したいという。

迷惑がり電話を切ろうとする妻に、明日の裁判は妻がいた方が心証がいいから必ず来いと高圧的な態度をとり電話を切った。

 

その後、緊急指令室にかかってきた緊急性のない電話に怒ったジョーは、怒りに任せヘンリーに電話をして脅すが切られてしまう。

 

ジョーは同僚のリックにヘンリーの家に行ってもらうために電話する。

リックは明日裁判で重要な証言をしなければならないのだが、酒を飲んでいる様子だった。

責めるジョーに「不安でたまらない。うちにFBIがきた」と不安がるリックに、明日の裁判さえ乗り切れば大丈夫だと言い、ヘンリーの家に行くように頼んだ。

 

しばらくするとアビーから警官が来たと電話がかかってきた。

勝手に人を入れないように母親から言われていると言うアビーに、大丈夫だと言って電話を替わってもらう。

ジョーが事情を話そうとすると、警官からアビーが血だらけになっていると知らされる。

オリバーを探してベッドルームに行った警官が、床が血だらけになっていることに慌てる様子が聞こえ「パパがオリバーを起こしたらダメだと言った」とアビーの声がして電話が切れた。

 

ジョーは再びヘンリーに電話し、オリバーを発見したことを伝え、助けを呼ぶように言うがヘンリーは「できない」と言い電話を切った。

 

ヘンリーの家に着いたリックから連絡が入る。

家は鍵がかかっておらず、部屋はがらんとしており急いで出た様子だという。

床の上に請求書を見つけたと言うリックにジョーは調べるように言った。

 

再びエミリーに電話がつながったジョーは、エミリーにシートベルトをしてサイドブレーキを引くように言った。

するとヘンリーの悲鳴がして、電話が切れる。

 

再びエミリーと電話がつながったジョーは、エミリーが失敗してバンの荷台に入れられたと知らされる。

「閉じ込められる」と泣くエミリーを励まし、真っ暗な荷台を手探りで何かないかと探させた。

煉瓦を見つけたというエミリーにジョーは、ヘンリーがドアを開けた時に煉瓦で殴るように言い、怖がるエミリーに当然の報いだと言って励ました。

エミリーは落ち着いてきて話し始めた。

子供と水族館に行くことが好きだったこと。

オリバーが苦しそうに泣いていたこと。

オリバーのお腹に蛇がいて泣いていたから、蛇を出してあげたこと。

エミリーの言葉に驚くジョーの耳に聞こえたのは、車のドアが開く音とヘンリーの悲鳴だった。

 

リックから電話があり、精神病院から支払い催促が来ていてエミリーがそこの患者だと知らされる。

 

勘違いしたことがわかったジョーはヘンリーに電話した。

エミリーは薬を服用していたが切れてしまい、出所したばかりのヘンリーには薬代が払えず、薬なしで乗り越えようとしていたが無理だったと言う。

エミリーは自分が何をしたかわかっておらず、オリバーの事も『助けた』と思っている。

ヘンリーは、そんなエミリーを助けようとして精神病院に連れていく最中だった。

 

逃げたエミリーから電話があった。

子供を探して水族館に連れていくというエミリーは、手に血がついていると言って混乱し始めた。

今にも死んでしまいそうなエミリーを助けたい一心で、ジョーはある事件について話し始めた。

 

ジョーは数ヶ月前に未成年の男を銃で殺していた

ただ懲らしめたくて、ただ腹をたてて殺したという。

未成年の男を殺してしまった事に対して苦しそうに話すジョーに「蛇のせい?」と聞くエミリー。

ジョーは認め、「エミリーまで死なせたくない。エミリーには大事に思う人がいるから」と必死で止めるジョーに、エミリーは「オリバーの所に行くね」と言って電話を切った。

 

その後連絡が取れず悲観していると、エミリーを無事に保護したと連絡が入る。

そしてオリバーも生きている事がわかった。

事件が解決したジョーはトイレに行き吐いた。

そして床に座り込み、リックに事件についてありのままを証言するように電話をする。

「刑務所に行ったら子供に何年も会えなくなる」と止めるリックに「いいんだ」と言い、ロサンゼルスタイムズの記者にも電話した。

 

その後テレビでは、ジョーが発砲事件の罪を認めたと速報が流れた。

蛇は何かを考察してみた

一番心に残ったのはエミリーがジョーに言った「蛇のせい?」という言葉でした。

エミリーにとって蛇とはオリバーを苦しめたものです。

ジョーにとって蛇とは、未成年を撃った時の自分でも理解しがたい感情罪の意識かなと思います。

トイレで始まりトイレで終わった映画でしたが、最後ジョーは咳が収まらずトイレで吐きます。

そして楽になったところでリックと記者に電話をし、自分の罪と向き合います。

トイレの吐しゃ物はジョーを苦しめていた『蛇』に見立てていたのかもしれません。

自分の罪を認めることができず、上司や同僚、妻を巻き込んでなんとか正当化して刑事に復帰するつもりだったジョーは、常に情緒不安定の様子でした。

やたらと怒鳴り散らしたり、夜中に別居の妻に電話をかけて子供と話したいと言いだしたり普通ではありませんでした。

未成年者を怒りに任せて殺してしまったという、自分でも受け入れ難いが事実を初めて人に話したジョー。

その理解しがたい衝動をエミリーが「蛇のせい?」と例えた事。

トイレの吐しゃ物が写っていたのは、何か月も苦しめられた『蛇』を吐き出した事を表したのかなと思いました。

感想

情報は音だけなので、ジョーはエミリーが誘拐されていると信じて疑わなかったわけですが、思い込みってこんなに怖いんだとつくづく思う映画でした。

普通911に電話してくる人は助けを求めて電話をしてくる人のはずなので、エミリーを被害者と思うのは仕方ないのですが、おかげでどんどん悪い方へ行ってしまいました。

悪いことにヘンリーが前科持ちという事でヘンリーを犯人だと決めつけてしまったジョー。

  • オリバーの凄惨な姿をアビーに見せてしまった
  • 煉瓦でヘンリーを殴るように言ってしまった

「まだ小さいアビーにオリバーの姿は見せられない」「エミリーを助けたい」と考えていたヘンリーを邪魔する形になってしまい、エミリーからも「当然の報いだって言ったじゃない」と言われ頭を抱えるジョー。

でもこのジョーの思い込みのおかげでオリバーの発見が早く、命が助かったのは良かったです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

嵐の中で ネタバレ
映画『嵐の中で』あらすじ・ネタバレ感想!ニコ助けたらグロリア消えた!この記事ではネットフリックスで配信中の映画『嵐の中で』のあらすじ(ネタバレなし)・キャスト・ネタバレ感想をまとめています。 ...
ナイトブック ネタバレ
Netflix【ナイトブック】あらすじネタバレ感想!大人も恐怖する魔女映画!この記事ではネットフリックスで配信中の映画『ナイトブック』のあらすじ(ネタバレなし)・キャスト・ネタバレ感想をまとめています。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です