Netflix 映画

Netflix【ヤーラ】あらすじネタバレ感想!女検事の捜査が見どころの実話

この記事では、映画「ヤーラ」のあらすじ・見どころ(ネタバレあり)・感想をまとめています。

ネットフリックスで配信中の「ヤーラ」はイタリアで起こった実際の事件を基に作られた映画で、女検事の執念の捜査の様子が描かれています。

公開:2021年
製作国:イタリア
監督:マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ「輝ける青春」など
上映時間:1時間36分
ジャンル:ヒューマンドラマ
キャスト:イザベラ・ラゴネーゼ、アレッシオ・ボーニ、トマ・トラバッチ

良かった度

映画「ヤーラ」あらすじ

イタリアの小さな町で13歳の少女が行方不明となり、数ヶ月後、遺体で見つかった。

数か月前、家から700mほどのダンススクールにステレオを届ける為に出かけ、すぐに帰宅するはずだったヤーラ。

帰ってこない娘を心配した両親は捜索願を出し、女性検事ルッジェーリはヤーラの捜索に奮闘した。

大掛かりな捜査が始まり、警察犬はヤーラのセーターの匂いから、マペッロにある建設現場の作業員の更衣室にたどり着いた。

作業員の電話を盗聴し、ルッジェーリ検事の指示でヤーラ失踪事件に関わっていると思われる1人のモロッコ人作業員を拘束する。

しかしこの作業員は無実だと判明し、この失態により上司や世間からも非難されたルッジェーリ検事は、事件をもう一度洗い直しはじめた。

そんな時、ヤーラの遺体が見つかった。

ルッジェーリ検事は遺体から見つかったDNAを手掛かりに、あらゆる手を使い犯人を捜し始める。

女検事の執念の犯人捜しが見どころ

にわのき
にわのき
ネタバレしています!

女性検事ルッジェーリが、ヤーラの服についていたDNAから犯人を探し出す過程が見どころです。

捜査に行き詰まり、有力の手がかりもつかめないまま、遺体となって発見されたヤーラ。

ルッジェーリ検事は、体力のある13歳の少女を誰にも目撃されず誘拐したことから知人の犯行と推測します。

さらにヤーラから微量な石灰粉と鉄粒子が検出され、これによって警察犬が初めにたどりついたマペッロの建設現場の作業員が怪しいと推測しました。

ルッジェーリ検事は、犯人を見つけ出すために以下の行動に出ます。

1. ヤーラの下着に男性の血液が付着していたことが判明したため、血液の男性を「容疑者X」とし、ヤーラの知り合い全員のDNAを採取した。

2. その中から「容疑者X」とDNAが50%一致している人物ゲリノーニを特定。「容疑者X」は15年前に亡くなったゲリノーニの父方の親族であると判明する。

3. ゲリノーニの父方のいとこ3人は「容疑者X」ではない。「容疑者X」は、ゲリノーニの父ジュゼッペが外で作った子供であると推測し、ジュゼッペの持ち物からDNAを採取し、さらに墓地からジュゼッペを掘り起こした。

4. DNAの結果、ジュゼッペが「容疑者X」のであることが判明。そして「容疑者X」の母親を捜索するために、ジュゼッペが働いていた地域に住む女性全員のDNAを採取する。

5. その中の女性の遺伝子の変異体と、「容疑者X」の遺伝子の変異体が一致し、女性の息子ボセッティにたどりつく。

6. 警察によるアルコールチェックからボセッティのDNAを採取。「容疑者X」とボセッティのDNAは100%一致し、逮捕となった。

DNAが犯人逮捕に大きく貢献した事件。

DNAによって、犯人はインド・ヨーロッパ語族であり、94%青い目をしていることがわかり、ボセッティも青い目をしていました。

DNAとは別に、ボセッティはマペッロ在住の大工であり、ヤーラの父親と同じ現場で働いていたため、ヤーラを言葉巧みに車に乗せることが出来たかもしれないことと、

ボセッティの職業柄、ヤーラが石灰粉を吸い込み、鉄粒子が服につく説明がついたことで、ボセッティが犯人なのは濃厚となりました。

事件から5年近くたち、犯人を終身刑にまでもっていったルッジェーリ検事の執念を感じました。

感想

有罪か冤罪か

裁判では有罪判決となりましたが、無実を訴え続ける犯人。

犯人を追っていた検事視点で描かれていたけれど、「本当に真犯人?」と疑問を持ってしまいました。

観終わった後に気になって他の人の感想を検索したところ、

「なんかもやもやする…」

このように感じた方をちらほら見かけました。

まだ終わっていない事件の映画化だったからでしょうか…

未来が絶たれた少女と、両親の悲しみ

ダンスが大好きで、時間が足りないくらいやることがいっぱいあって、未来があったヤーラ。

学校では派手なグループにいるわけでもなく、片思いの男の子が隣に立っただけで、心ときめくどこにでもいる13歳の女の子。

ヤーラの携帯の最後の接続が、助けを求めて電話をしようとしたのだとしたら辛いですよね。

自分や、自分の子供と重ねて映画を観た人も多いのではないでしょうか。

観ていて苦しいのは、裁判を傍聴する両親の姿です。

娘が亡くなる様子を事細かに聞かされる。

裁判のたびに何度も聞かされ、想像する娘の最後。

何度も残酷な場面を想像し、耳を塞ぎたくなったと思います。

想像を絶する苦しみだと思います。

意のままに ネタバレ
Netflix【意のままに】あらすじネタバレ感想!知らずに催眠術をかけられている恐怖この記事ではネットフリックスで配信中の映画『意のままに』のあらすじ・ネタバレ・感想をまとめています。 実生活も仕事も上手くいかなく...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。