Netflix

Netflixイカゲーム【2話】あらすじネタバレ感想!現実はデスゲームより地獄

この記事ではネットフリックスで配信中の韓国ドラマ・イカゲーム2話『地獄』のあらすじ・ネタバレ・キャストをまとめています。

にわのき
にわのき
第2話はデスゲームだとわかってゲームを棄権した参加者が、現実社会に耐え切れず結局はゲームに戻ってくるお話です。

ネタバレを多く含んでおりますのでネタバレしたくない方はご注意ください。

  • タイトル:イカゲーム
  • 公開:2021
  • ジャンル:サスペンス・ヒューマンドラマ
  • おススメ度:

『イカゲーム』2話あらすじ

大金を手に入れるためゲームに参加したギフンたちだが、まさかデスゲームだったとは思わず、ゲームを棄権したいと訴える参加者が続出した。

投票の結果、棄権を希望する人数が半数を超え、ゲームは中断し解散することになった。

現実社会に戻ったギフンたちだが、それぞれが抱える問題へと再び直面することになる…

『イカゲーム』2話ネタバレ

にわのき
にわのき
以下ネタバレです!

中断されたゲーム

ゲーム「だるまさんがころんだ」で生き残ったのは、参加者456人中のうち201人だった。

命までも奪われるとは思わなかったゲームの参加者は辞退を申し出る者もいた。

赤い服の男はゲームの途中棄権は認めていないと言うが、参加者の半分以上が棄権したければ中断できるルールとなっているとサンウが訴える。

投票によってゲームを続けるかどうかを決める前に、赤い服の男から賞金についての説明があった。

  • 1人あたりの賞金は1億ウォン
  • 1番目のゲームで255名の脱落者が出たため、現在255億ウォンの賞金が積み立てられている
  • ゲームを棄権すれば脱落者の遺族に1億ウォンずつ配られる
  • ゲームを6つクリアすれば456億ウォンの賞金が手に入る

投票が開始され『中止』『続行』のボタンを、番号の大きい順のプレーヤーから順に押していった。

投票は半々だったが、最後に『中止』のボタンを押したおじいさんによって、ゲームは中断となった。

ゲームに残りたいと願う人たちもいたが、また過半数の人が続行を希望すればいつでも再開できるといわれ解散となった。

 

目隠しされロープに縛られて道端に放り出されたギフンは警察に駆け込んだが、警察からは相手にされなかった。

もらったカードの電話番号にかけても繋がらず、ギフンは警官と言い合っていたが、その様子をファンという名の若い警官が見ていた。

ファンは連絡がとれなくなった兄を探していた。

兄の寮へ行くと、兄の部屋でギフンが持っていたカードと同じカードを見つけた為、ファンはギフンの住所を調べ始めた。

それぞれの地獄

ゲームから解放され、現実に戻った者たちはそれぞれ地獄がまっていた。

ギフン

ギフンが家に帰ると母親がいなかった。

留守の間に母親が糖尿病で病院に担ぎ込まれていたのだ。

医者から相当痛かったはずだと言われ、放っておけば足を切断しなければならないと聞かされる。

入院を勧めるギフンだが、治療費がないと言って母親は退院してしまう。

保険もあったがとっくに解約して、ギフンが全て使ってしまっていた。

「もう疲れた。終わりにしたい」と言う母親に「金なら何とかする」と叫ぶが、母親は足を引きずりながら行ってしまった。

カン・セビョク

スリの女セビョクは北朝鮮から脱北しており、児童保護施設に弟を預けていた。

ブローカーにお金を持ち逃げされ、行方がわからない両親を探すために再びブローカーを雇うには4000万ウォン必要だと言われた。

アリ

アリはサンウと同じ場所で解放され、お金を持っていないアリはサンウからバス代をもらい勤め先へと向かった。

アリは作業中に指をケガしたが、その治療費はおろか6ヶ月も給料を払ってもらえていなかった

給料未払いの事で社長ともみ合ううちにケガをさせてしまったアリは、社長のお金を持って逃走してしまう。

そして妻にお金を渡して子供たちと国に帰るように告げた。

サンウ

サンウの携帯には「検察庁の経済犯罪刑事部」からメッセージがたくさん届いていた。

サンウは60億ウォンもの借金があり、自己破産をしたくても母親のお金も店も全て抵当に入っている為できなかった。

仕事でアメリカに行っていると思っているサンウの母親が、息子の話を客に嬉しそうに話していると、警察が現れてサンウの逮捕状が出ていると告げられる。

そのころホテルで練炭自殺をしようとしていたサンウの元に、再びゲーム開始の案内が届く。

おじいさん

頭に腫瘍ができたおじいさんは、このまま死を待つのは嫌だと再びゲームに参加する決心をした。

ドクス

やくざの男ドクスにも案内が届く。

ボスの金を使い込みフィリピンのカジノで大金をすってしまったことでボスと揉めていたドクスは、借金のかわりに臓器をもらいに現れたフィリピンギャングからも追われることになった。

再びゲーム会場へ

ギフンは母の治療費の為に友人にお金を借りようしたが断られ、別れた妻の所へも頼みにいった。

妻の再婚相手からお金を渡されたが「うちの家族にもう二度と会わないでください」と言われ殴ってしまいお金を叩きつけたが、その光景を娘ガヨンに見られてしまった。

雨の中家に帰ったギフンに、玄関前で待っていた刑事ファンが声をかけた。

兄を探したいから協力してほしいと言われるが、今のギフンにとってはそれどころではない。

ギフンが家の扉に手をかけると、ゲームの案内状が差し込まれている事に気がついた。

 

迎えに来た車は、再び参加者を乗せて会場へ行く。

その車の後をファンが追っていた

『イカゲーム』2話キャスト

イカゲーム2話

引用元:ネットフリックス

登場人物キャスト役柄
ソン・ギフン(456番)イ・ジョンジェ母親の治療費の為に再びゲームへ参加
チョ・サンウ(218番)パク・ヘス先物取引で失敗し60億ウォンも負債がある。逮捕状も出ている。
アリ・アブドゥル(199番)トリバティ・アヌファム仕事でケガをした挙句、給料も未払い。所長にケガをさせお金を持ち逃げしてしまう
カン・セビョク(67番)チョン・ホヨン女性。脱北して家族で暮らすためにお金が必要。
オ・イルナム(001番)通称:おじいさんオ・ヨンス頭の中にこぶができており、このまま死を待つのは嫌だと再びゲームに参加。
チャン・ドクス(101番)ホ・ソンテお金のことで組のボスと揉めている。フィリピンギャングにも追われている。
ファン・ジュノウィ・ハジュン刑事。兄を探している。

感想

結局一旦はゲームを棄権する参加者たち。

しかし現実も地獄だったとしたら、万が一でも456億ウォンを手にする可能性があるならゲームに賭けてしまうかもしれないですね。

それにしても456億ウォンってだいたい日本円で42億円!

あまりに高額過ぎてピンとこないです。

これだけあれば借金を返せるどころか、新しいビジネスが始められそうですね。

今回は、母たちが切ないです。

ギフンの為に病気を隠して頑張って働いてきたけど、疲れちゃったお母さん。

サンウの話を嬉しそうに語っているお母さんの前に現れた刑事からの、サンウの逮捕状の知らせ。

にわのき
にわのき
母たちの表情が頭から離れません…

『イカゲーム』ネタバレまとめ

『イカゲーム』すべてのネタバレは以下にまとめています。気になる話数がありましたらご覧ください。

イカゲーム1話『だるまさんがころんだ日』はこちら
イカゲーム2話『地獄』
イカゲーム3話『傘をさした男』はこちら
イカゲーム4話『チーム分け』はこちら
イカゲーム5話『平等な世の中』はこちら
イカゲーム6話『カンブ』はこちら
イカゲーム7話『VIPたち』はこちら
イカゲーム8話『フロントマン』はこちら
イカゲーム9話『運のいい日』はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です