Netflix

Netflixイカゲーム【8話】あらすじネタバレ感想!ファンは最後どうなった?

この記事ではネットフリックスで配信中の韓国ドラマ・イカゲーム8話『フロントマン』のあらすじ・ネタバレ・キャストをまとめています。

にわのき
にわのき
第8話はサンウに警戒するギフンと、ケガをしたセビョク、そして潜入捜査をしたファンが重大な事実を知るお話です。

ネタバレを多く含んでおりますのでネタバレしたくない方はご注意ください。

  • タイトル:イカゲーム
  • 公開:2021
  • ジャンル:サスペンス・ヒューマンドラマ
  • おススメ度:

『イカゲーム』8話あらすじ

飛び石ゲームでのサンウの行動が許せないギフンは、サンウと決裂してしまう。

その後、食事の時にナイフを手に入れたギフンたち3人は、お互いを警戒し合うまでになってしまった。

ギフンはセビョクと手を組もうと提案するが、セビョクは飛び石ゲームの時に大けがをしていた…

一方、フロントマンに追われるファンは逃げ切れずついに崖に追い詰められる。

『イカゲーム』8話ネタバレ

以下ネタバレです!

セビョクのケガ

5番目のゲームで生き残ったのはギフン、サンウ、セビョクの3人のみだった。

ギフンは、前のプレーヤーの背中を押してゴールしたサンウを人殺しと言い、2人は口論となっていた。

その時部屋に来た赤い服の男たちから「プレゼントを用意したから着替えるように」と言われ箱を渡される。

着替えの為にトイレに行き服を脱いだセビョクの腰には、5番目のゲームの時に砕け散った大きなガラスの破片が刺さっていた。

電波が届かない

岸に上がったファンは携帯の電波の届く位置を探して走る。

ファンを追って海岸にきたフロントマンは、ファンが捨てた潜水具を見つけ、部下に生け捕りにするように伝える。

追手の姿を見たファンは、急いで上司に連絡をとり機動隊を要請するが、電波が悪く上手く伝わらない為、動画と写真を送信し電話を切った。

豪華な食事

礼服に着替えたギフンたちに、豪華な食事とワインが提供された。

ギフンとサンウは夢中で食事をするが、セビョクはケガのせいで食事がすすまない。

ギフンはそんなセビョクを気にして見ていた。

重大な事実

逃げながらも送信の失敗に気づき再送信していたファンは、フロントマンたちに見つかってしまい、崖に追い詰められた。

ファンは銃を構えて警察を名乗り、悪事の証拠を送信し警察を呼んだというが、フロントマンはこの島の電波では送信出来ているのか怪しいと言って近づいてくる。

ファンは、「銃をおろして携帯をわたせば命は助けてやってもいい」と言いながらさらに近づくフロントマンの肩を撃った。

しかし尚も「俺と一緒にこい。死なせたくない。」と言うフロントマンを不思議に思い「誰だ?おまえ。」と尋ねる。

フロントマンが仮面をとると、それは探していた兄だった。

「来るんだ」と言って手を差し伸べるフロントマンに首を振ったファンは、銃で撃たれ崖から落ちていった

渡されたプレゼント

食事が終わり、片付けられたギフンたちのテーブルの上にはナイフが1本ずつ残されていた。

3人はそのナイフをポケットにしまい部屋に戻るが、いつ襲われるかわからずお互いを警戒している。

ギフンは体調の悪そうなセビョクに話しかけ、けがをしているのではないかと聞くがセビョクは否定する。

サンウを警戒するギフンは、セビョクに手を組んで互いを助け合おうと提案し、勝って賞金を山分けしようと言う。

賞金を手にしたら「借金を返済し、母親に店を構えさせてあげ、娘に父親らしいことをする」と言うギフンと、「弟を迎えにいき、母親と3人で暮らす家を見つける」と言うセビョク。

セビョクは、ギフンに「もしどちらかが生きてここを出られたら相手の家族の面倒を見ると約束してほしい」と頼んだ。

セビョクの死

その時サンウが寝てしまいナイフが手から離れるのを見たギフンは、ナイフを取り出しサンウの所に行こうとする。

セビョクから「おじさんはそんな人ではないでしょ」と止められ気をとりなおすと、荒い息でベッドにもたれているセビョクに気づく。

セビョクの大ケガに気づいたギフンは、助けを呼びながら扉を叩いた。

しばらくすると扉が開きと共に、赤い服の男たちが入ってきた。

ギフンは驚いてセビョクに目をやると、セビョクのベッドの横にサンウが立っており、セビョクは首を切られていた。

ギフンはナイフを振り上げサンウに向かっていくが、赤い服の男たちによって取り押さえられ、棺に入れられるセビョクを見て涙があふれるのだった。

 

そのころフロントマンはファンに撃たれた肩の弾を取り出し、ファンが撃たれる直前に「なぜ」と尋ねた言葉を思い返していた。


『イカゲーム』8話キャスト

イカゲーム8話

引用元:ネットフリックス

登場人物キャスト役柄
ソン・ギフン(456番)イ・ジョンジェ母親の治療費の為に再びゲームへ参加
チョ・サンウ(218番)パク・ヘス先物取引で失敗し60億ウォンも負債がある。逮捕状も出ている。
アリ・アブドゥル(199番)トリバティ・アヌファム仕事でケガをした挙句、給料も払ってもらえない。所長にケガをさせお金を持ち逃げしてしまう。
カン・セビョク(67番)チョン・ホヨン女性。脱北して家族で暮らすためにお金が必要。
オ・イルナム(001番)通称:おじいさんオ・ヨンス頭の中にこぶができており、このまま死を待つのは嫌だと再びゲームに参加。
チャン・ドクス(101番)ホ・ソンテお金のことで組の会長と揉めている。フィリピンギャングにも追われている。
ハン・ミニョ(212番)キム・ジュリョン女性。強いものに付こうとする。
ジヨン(240番)イ・ユミ女性。セビョクに誘われてチームに入る。
ビョンギ(111番)ユ・ソンジュ医者。臓器を取り出す手伝いをしてゲームの内容を教えてもらっている。
ファン・ジュノウィ・ハジュン刑事。兄を探している。
フロントマンイ・ビョンホン運営責任者

感想:ファンは最後どうなった?

イカゲームもあと1話となり、話が一気に進みました。

セビョクの死や、フロントマンの正体がわかりファンも撃たれて崖から落ちてしまいました。

撃たれて崖から落ちたファンですが、生きていると思います。

フロントマンがファンを生かすためにとった行動だと思いました。

フロントマンは28番の赤い服の男の頭から銃の弾を取り出した時に、警察が侵入したことを知り、その時に「ファンだったりして…」と思ったかもしれません。

受話器が逆に置かれていたのを見た時は「もしかしたらファンかも?」と確信に近づいたと思います。

電話の受話器を自分とは反対の手で取って置く癖は、家族だったら一緒に生活していた時に気になる癖だったと思うので…。

本物の29番の水死体が見つかった時には、警察手帳によって「やっぱりファンだった!」と確信し、写真が写っている警察手帳をしまい、遺体を焼いてファンの存在をごまかそうとします。

しかしその後VIPを拘束したしたことによって、ふたたびファンを追わなくてはならなくなったフロントマンは、ファンを助ける為に正体を明かし一緒に来るように言いますが、話にのらないファンの肩を撃ちます。

これもファンを助けるための一か八かの賭けで、肩を撃って海に落とすことによって助かる可能性に賭けたのではないかと思いました。

ですのでファンは生きていて、シーズン2があるならフロントマンに問いかけた「なぜ」が明かされると思います。

にわのき
にわのき
ずっと1匹狼で強気だったセビョクが、最後に「おじさん。わたし家に帰りたい。」と言った言葉が胸に刺さる…

『イカゲーム』ネタバレまとめ

『イカゲーム』すべてのネタバレは以下にまとめています。気になる話数がありましたらご覧ください。

イカゲーム1話『だるまさんがころんだ日』はこちら
イカゲーム2話『地獄』はこちら
イカゲーム3話『傘をさした男』はこちら
イカゲーム4話『チーム分け』はこちら
イカゲーム5話『平等な世の中』はこちら
イカゲーム6話『カンブ』はこちら
イカゲーム7話『VIPたち』はこちら
イカゲーム8話『フロントマン』
イカゲーム9話『運のいい日』はこちら


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です